30代の転職活動方法

 30代となれば転職する際にはそのキャリアが求められることになります。しかし30代といってもキャリアがある方、中にはまだまだキャリア不足の方など様々いることでしょう。

 

 ここでは、30代での転職活動の流れをご紹介しますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

 

自分に何ができるのかを分析

 30代となれば、少なくとも経験がないわけではないでしょう。

 

 よって転職活動前に自分がどのような経験を積んできて、ある技術に関しては自信があるのなら、それが転職活動の武器となります。

 

 まずは自分に何ができるのかを分析して見つけてからにしましょう。

 

 

【参考記事】

  1. 転職の目的を決める
  2. 自分の市場価値を知って活動する
  3. 在職中を退職後、どちらが有利か
  4. 退職後の転職活動よりは在職中の転職活動です
  5. 転職者にとって、入社先が決まるまでにかかる期間って本当に大事?
  6. 会社にバレたら面倒な転職活動|どんなことに注意するべきか

 

 

「働きやすさ」も求めた求人情報収集

 求人は多くありますが下手に好条件の求人を狙うと結構な技術を求められることになるため、下手に技術不足で転職していい条件で働くとなると長続きする可能性が減ってしまいます。

 

 転職するのなら今働いているところよりいい条件を狙うのは確かではありますが、それと同時に「働きやすさ」も求められる条件や仕事内容から見て判断してみましょう。

 

 

【参考記事】

  1. 30代の仕事探し
  2. 転職エージェントの役割
  3. 転職サイトのスカウト機能の働き

 

 

 

職務経歴書で差をつける

 30代では職務経歴書が大事となります。この職務経歴書の構成次第では他の転職者との差を埋めることができます。

 

 幸い30代でも職務経歴書の書き方に苦労している人もいるので、ここで書き方から構成のポイントを調べて相手に印象に残りやすい職務経歴書を書いてみましょう。

 

 

【参考記事】

  1. 履歴書と職務経歴書の違いを理解する
  2. 履歴書で見られるポイント
  3. 職務経歴書で見られるポイント

 

 

面接でのアピール

 面接では、持っているスキルを最大限にアピールすることです。

 

 企業側からしてみればスキルを多数持っていても自分達の経営に役に立たなければ意味がないことなのですから、どうすればそのスキルがその企業に貢献できると伝えられるかを考えて答えを作っていきましょう。

 

 

【参考記事】

  1. 30代が面接でよく聞かれる質問
  2. 長所と短所をどう伝えるか
  3. 逆質問を有効活用する

 

 

退職準備

 30代での退職となると、それなりの地位や仕事を任されていると思うので、引継ぎの作業を徹底して行いましょう。

 

 ここでぬかりなく、会社に迷惑をかけないようにやるべきことをやって退職をしたいところです。

 

 

【参考記事】

  1. 30代は円満退職すべき!
  2. 退社の挨拶をどうするか
  3. 入社の挨拶で好印象を残そう!
  4. 転職先の職場に早く溶け込みたいならコレを意識してみよう!
  5. 入社後すぐにできること・しておきたいことを注意点とともに解説

 

 



トップページ 30代の転職活動方法 おすすめ転職サイト